FXには、成行・指値・逆指値・IFD・OCO・IFOといった、さまざまな注文の方法がありますが、取引ツールを使いこなすうえでも必要となります。

注目されるFXを解体!
注目されるFXを解体!

知っておきたい注文方法

どのような取引であれ、注文の方法は一様ではありません。
FXにもさまざまな注文方法があり、取引ツールを使いこなすときにも、注文方法の知識が必要となります。
FXをはじめる方は基本的なものだけでも覚えておく必要があります。
「成行」とは現在の市場の価格で買売することで、もっとも基本的な注文方法です。
この成行以外の注文方法は、どれも売買に条件をつける注文方法になります。
「指値」は現在の市場の価格よりも低い値段を指定して、その値段になったら買い、あるいは高い値段を指定して、その値段になったら売るという注文方法です。
「逆指値」は指値とは逆の注文方法です。
現在の価格よりも高い値段になれば買い、安い値段になれば売ります。
値上がり傾向、あるいは値下がり傾向に対応して売買を行う方法です。
「IFD」は購入した通貨に対し、その通貨の購入価格から、いくら値上がりしたら売り、いくら値下がりしたら売るかを指定する注文方法です。
値下がりしたら、すぐに売ればいいと思う方もいるでしょうが、為替レートは常に微妙に変動しています。
一時的な値下がりはあっても、全体的には値上がり傾向がつづく通貨も少なくありません。
こうした一時的な値下がりに対しては、その後の値上がりを期待して、どこまで我慢するかが問題になります。
そこで、こうした注文方法があるのです。
ちなみに、この値下がり傾向に対し、価格を指定して売ることを「損切り」と言います。
「OCO」は2つの指値注文を同時に出し、片方の指値が成立したら、もう1つの指値は自動的にキャンセルするという注文方法です。
「IFO」は指定した価格になったら買い、購入した通貨がこの値段まで値上がりしたら売るという指値注文と、この値段まで値下がりしたら売るという損切り注文を同時に出すことができる注文方法です。

新着おすすめ

Copyright (C)2017注目されるFXを解体!.All rights reserved.