超低金利時代の資産の運用法として注目を集めているのがFXです。FXは為替レートや金利差などで利益をあげる投資法ですが、比較的リスクが少ないことと、少ない資金でもはじめられる点

注目されるFXを解体!
注目されるFXを解体!

注目されるFX

これだけ超低金利が長引くと、銀行にお金を預けていても不安になります。
もっと有効にお金を活用することはできないものかと、誰もが思っていることでしょう。
株式や不動産といった投資も、不景気が続いているのでリスクが大きく、なかなか手が出せません。
そこで注目されているのがFXです。
FXとは外国為替証拠金取引の略で、外国の通貨を交換するときの、為替レートの変動を利用して利益を得ることを意味します。
たとえば円とドルとの為替レートが1ドル/100円のときに、10万円をドルと交換すると1,000ドルと交換できます。
その1,000ドルを、円とドルとの為替レートが1ドル/110円になったときに、ふたたび円と交換します。
すると11万円で交換できます。
差額の1万円が利益となりす。
逆に1ドル/90円になると1万円損をします。
FXでは「スワップ」といって、各国の金利差で利益を得る方法もあります。
金利は国ごとに違っています。
金利が低い国の通貨を、金利が高い国の通貨と交換すると、両国の金利差がスワップポイントとして加算され、その国の通貨を所持しているだけで利益を得ることができるのです。
逆に金利が高い国の通貨を、金利が低い国の通貨と交換すると、スワップポイント分の損をします。
また、FXには手元の資金を担保にして何倍もの金額の取引ができる「レバレッジ」という方法があります。
たとえば100万円を担保に10倍のレバレッジで1,000万円分の通貨を取引したとします。
すると為替差益やスワップポイントも10倍になるので、それだけ大きな利益を得ることができます。
しかし、損失を受けた場合も10倍になるので、ハイリスク・ハイリターンの投資法です。
FXも投資ですからリスクはあります。
しかし不動産のように負債を抱えるような巨額な投資にはならないうえに、株式のような急激な変動も少なく、損失を受けても、よほど無理な投資でないかぎり、投資したすべてを失うといった危険はありません。
資金の少ない初心者でも、比較的はじめやすい投資法です。

新着おすすめ

Copyright (C)2017注目されるFXを解体!.All rights reserved.